日本から何を持って行ったら良い?物価高なジャカルタ生活に備えよう。

準備

東南アジアって基本的にどこの国でも色々安く手に入るんだろうなって思いこんでいたのもあり、ジャカルタに行っている間、物価が高いことにおどろきました。前もって主人からある程度はきいていましたが、思い込みと現実のギャップに困惑しました。

 

もちろん日本のもの(例えば調味料)が高く売られることは理解できます。輸入していますからね。とはいえ、それでもジャカルタでの販売価格が想像以上に高かったのです。

 

また、日本のではないものでも、クオリティーが低いものも高額で販売されていました。例えば日本では100均で売っているようなクオリティーのものが800円くらいしたり。必要なものだとしても、これに800円も出すのかー、いやだなー、と店の中で葛藤してばかりでした。

 

短い滞在でしたが、色々体験できたおかげで、実際に帯同するときには絶対日本から持っていこう!と決めたものをご紹介します。あくまで私の価値観からの判断ですので、ご了承の上ご確認くださいね。

 

1. 100均の収納小物

キッチン戸棚に色々なものを収納するにあたり、仕切りが必要です。日本の家でも愛用しているこちらの商品は何個も持っていく予定です。

日本の100均のクオリティーはあなどれませんからね!ほかにも便利グッズなどもまとめて買ってしまおうっと。

2. 踏み台

背が高い人なら問題ないのですが、私の身長は155㎝なのでメインで私が使うキッチン戸棚は、一番下の段でさえ奥まで手が届かない状態。また、子供も料理の手伝いをしたがるので、折りたためる踏み台を持っていきます。

 

3. 割れない食器一式

引っ越し時にすでに備え付けの食器が一式そろっていたのですが、どれも重たい食器なのです。マグカップさえ重いと感じました。

ジャカルタに引っ越す予定の人必見!アパートに備え付けのものが結構あるのに驚き(メイドさんも?!)。
先日の9日間のジャカルタ滞在中に、主人が引っ越しをすることになっていました。 もともと住んでいたアパートは、本帰国をする日本人駐在員が使っていた部屋をそのまま引き継いで住んでいたのですが、今後私たちと一緒に住むことを考えると違...

重いと、食器を洗っているときに手から滑り落ちやすいので危険です。

 

また、濡れた食器を置く場所がシンクの真上の戸棚に設置されているのですが、位置が高いため食器の出し入れが私にはしづらかったです。手が滑って食器を落とした時に頭の上に落ちることも充分ありうるので、怖いですし危険です。

 

ですので、落としても割れなくて、軽くて丈夫なメラミンやプラスチック製の食器に全部変えようと思います。良いものである必要もないですし、100均で購入してもいいかな。

 

4. 衣類

バティックなど、インドネシアでしか買えないものを除いて、普段のの衣装は日本で揃えて行こうと思っています。

 

UNIQLOやH&Mがジャカルタのショッピングモールに入っているのは知っていますが、結局のところ日本で買うのがコストパフォーマンスが抜群に良いと思います。特にわたしの洋服は下着も含め全部多めに購入しておこうと思います。

 

5. 調理器具

フライパン2つ、なべ2つが入居時に備え付けられていました。見た目でわかるくらいの安いものだったのですが、ジャカルタにいる間それらを使って料理もしました。やはり、「毎日使うのはちょっと・・・」というクオリティーだったので、フライパン、なべのセットは日本で揃えることにします。

 

また、日本で使っている圧力鍋も持っていこうと思います。理由としては、ご飯を圧力鍋で炊きたいからです。実は、キッチンにはコンセントが2か所しかありませんでした。そのうち1か所は冷蔵庫用なので、実質使用できるコンセントは一つ・・。調理中にコンセント1つだけしか空いていないのも不便でしょうから、コンセントを使わない圧力鍋でお米を炊こうかなと思っています。圧力鍋で炊いたご飯っておいしいですしね!

 

ついでにお玉などの調理器具もすべて日本で手配をして送って、備え付けでそろっていた調理器具はすべて退去するまで使わずにしまっておこうと思います。

 

6. 食料保存容器

いわゆるタッパーですね。ジャカルタには驚くほどタッパーの種類が豊富で、むしろ日本の近所のスーパーよりも種類が多い!

 

本当に不思議なのですが、なんでこんなにタッパーがたくさんあり、しかもすべて「いいやつ」なんでしょうか。ジャカルタのホームセンター(ACE)に置いてあるタッパーは、日本で購入しても結構高額なシリーズのものだったりで、なぜかタッパーだけクオリティーが高いですし、当然値段も高いのです。タッパー一つに800円も出したくないですよね。

 

少なくとも今回の調査期間で判明したのは、ジャカルタに引っ越したらよく行くであろうスーパーには「高品質高額タッパー」もしくは「日本の100均のタッパーが400円以上で売られている」の2択でした。

 

それならいつも使っているジップロック社のタッパーをもっていこう!軽いし丈夫だし。
こちらです。

タッパー以外にも食料品を入れて保存するものとして、プラスチック袋も持っていきます。

 

7. 調味料

料理の際に使う調味料はすべて日本から持っていこうと思っています。現地で調達できるものもまずは全部日本で揃えます!理由は日本で購入する方が値段が安いから!ですね。ざっと挙げると、下記のとおりです。

 

砂糖、塩、お酢、しょうゆ、みそ、みりん、料理酒、だしの素、かつおぶし、昆布、鶏がらスープの素、コンソメ、こしょう、ブラックペッパー、塩昆布、とろろ昆布、ゆかり、ふりかけ、チューブのわさび、にんにく、しょうが  etc…

 

まとめ

基本的には日本から持っていくものばかりです。現地でも買えるから良いのですが、日本はコスパがよすぎるので、日本にいるうちにまとめて揃えておこうと思います。日本のものにたくさん頼る気満々です!

 

先日のジャカルタ調査の旅から帰ってきてからというもの、買い物に行くときはいつもジャカルタに持っていきたいものはどれだ?というアンテナを張り巡らしています。

 

新生活スタートするっていう気持ちになるので楽しいですね。

 

実際にジャカルタに行くときは、何を手荷物にしたか、船便にしたか、など書く予定です。

コメント