《予防接種》インドネシア駐在前のワクチン接種は子供はどうする?妊娠していても受けて良いの?

妊娠/出産

海外駐在についていくことにした場合、会社から健康診断と予防接種を家族も受けるように指示がきます。

 

我が家の場合は主人はすでに現地に住んでいるので、私と4歳の子供が対象です。

 

子供もたくさんのワクチンを接種しなくてはいけないのか、そして私は妊娠初期なので、予防接種自体していいものかどうかということも含めて実体験をもとにまとめました。

 

1. 子供の予防接種

子供で推奨されていたのはインフルエンザワクチンの接種でしたが、ちょうど受ける時期がインフルエンザの時期ではなかったので、結果として子供は予防接種なしとなりました。

 

わが子の場合、生まれてから現在に至るまで、国が指定している数々の予防接種を(任意のものも含め)すべて接種しているので、インドネシアに行っても問題ないでしょうとのことでした。

 

なお、子供の予防接種は会社指定の病院で対応できないと言われたので、近所の小児科で接種をおねがいすることになります。

 

しかし、あとで産業医の方とお話したらA型肝炎のワクチンは接種しておいてもいいかもしれない、とのことでした。必要かどうかをもう少し検討してから後日受けるかどうか決めようと思います。

 

 

2. 妊娠初期でのワクチン接種について

ワクチンには、「生ワクチン、不活性ワクチン、トキソイド」があります。妊婦への接種が可能なものは何か見てみましょう。

2-1. 生ワクチンはNG

胎児への影響があると考えられているのは生ワクチン。安定期に入ったとしても、妊娠している間は全期間で接種は控えなくてはいけません

 

2-2. 不活性ワクチン、トキソイドは接種可能

不活性ワクチン、トキソイドは妊婦への接種可能です。いづれも胎児に影響を与えるものだと考えられないからだそう。ただし、妊娠初期ではなく、安定期に入ってから接種することを推奨されているようです。

 

今回会社から推奨されていた予防接種はA型肝炎、B型肝炎、破傷風ですが、すべていづれも不活性ワクチンかトキソイドでした。

 

理論上妊婦にも接種可能ですが、私の場合は妊娠初期(7週目)なので、健康診断に行った際も医師からも接種するなら安定期に入ってからにした方がよいでしょう、ということで今回接種は保留となりました。

 

インドネシアに行ってからのリスクのことを考えると、接種しておきたいので、時期を見て再度予約を取るつもりです。

 

まとめ

予防接種に関しては、通っている産婦人科の先生に事前に相談していました。

 

薬剤師さんも巻き込んで色々調べていただき、「接種してもよい」に至りました。しかしながら、そもそも妊婦がワクチンを接種するということ自体あまりオススメしていませんよ、と言われました。

 

私自身、結果としてワクチンを打っておいた方が安心なのですが、おなかの子供に少しでも影響がある可能性がある時点で接種したいとは思えません。お医者様も接種には消極的でしたし。

 

安定期になれば接種しても良いとのことなので、安定期を迎えるまでに接種を本当にしたいのかどうか考えます。

 

コメント