《夫単身赴任》つわり真っ只中の母1人子1人生活はつらいよ。

妊娠/出産

現在私は妊娠3ヶ月。
つわり真っ只中です。

 

妊娠前に退職しているため、つわりの中仕事に行かず、家にこもっていられるのは本当にありがたいことです。

 

しかし現在主人は単身赴任中。我が家は核家族なので、家に手助けしてくれる大人は他にいません。

 

今回の記事は、つわりで体調が思わしくないことでの障害と、その中での苦肉の策についてまとめました。

 

1. 家事が辛い

つわりで体調が悪い中、家事をするのも一苦労です。私の場合は、つわりの波があるので少し気分がマシな時に洗濯物を干したりしています。

 

ずっと家にいるため、調子の良い時間をすべてしなくてはいけないことに費やせることはとてもラッキーです。

 

一番辛い家事は料理です。

基本的に食欲がないのですが、子供がいるので食事を用意する必要があります。食材や調理中の匂いが気分を悪くするのはもちろんですが、食欲がない中、調理をすること自体が苦痛です。

 

2. 子育てが大変

子供の面倒を見るのは私しかいません。具合の悪い状態が毎日続いている中での子に関する悩みが下記に述べる通りです。

2-1. 遊び相手が私だけ

我が家には4歳の子供が一人います。つわりで調理が悪いことで、一緒に遊んであげる時間が減り、一人遊びをさせてばかりです。

 

一人遊びはもともと楽しくする子ですが、やはり途中から「ママも一緒に遊ぼうよ」と誘ってきます。「ごめんね、今具合が悪いから一緒に遊べないんだ」と毎日のように言っていますので、本人は明らかに不服そうです。

 

退職するまでは、家事と時間に追われてろくに一緒に遊んであげる時間が持てずストレスフルでしたが、今は体調が悪いために公園にも連れていけず、「ごめん、ママ今無理」ばかり言っているわけです。私以外に遊び相手がいないことで、今はよりつまらない思いをさせてしまっているのがとても申し訳ないです。

 

2-2. 夜のルーティンが辛い

夕方は子持ち家族にとっては最も忙しい時間帯。この数時間でご飯の用意をし、食べさせ、お風呂に入れ、歯磨きをさせる必要があります。そしてこの時間帯はつわり中の私にとって最も辛いものです。

 

その中でも特にお風呂に入れることが苦痛です。

 

お風呂に入って子供とちょびっとだけ遊び、その後自分と子供の体をきれいにするこの20分ほどの間、ずっと体調が良いわけではありません。気分が悪い中、子供の体を洗いたいのになかなかバスタブから出てこないなんてことは日常茶飯事です。こんな時はいつも「いいから早く出てきて!」と強い口調で言ってしまいます。

 

子供は全然悪くないのにお風呂に入るたびに怒られるという状態なので、本当に申し訳ないです。だれか代わりにお風呂に入れてくれたらいいのになー、といつも思っています。

 

3. あきらめたこと

家事は遠慮なく手を抜くことにしました。どうしても手を抜けない洗濯は必ず行いますが、洗濯自体はもともと好きな家事なのでどうにか調子のいい時間を見つけて行えます。

 

掃除機はもともとお掃除ロボットを愛用しているので、床掃除はルンバに完全に任せています。クイックルワイパーでの掃除の回数も大幅に減らしました。

 

料理に関しては、料理自体面倒だなと思うので、つわり中で1番手を抜きました。朝ごはんは自分で準備しますが、それ以外は気分が乗らないければ無理せず外食や総菜を購入して賄うことにしました。外に頼ることで食費がかさみますが今はこれで良いや、と自分が楽な方を選んでいます。

 

食材を買うための買い物も辛いので、生協を利用してすべて玄関先まで届けてもらっています。最近は食材よりは冷凍食品の注文が増えましたね。

 

まとめ

主人のいない生活にはなれたとはいえ、体調が悪いときはやはりどうしても子供にその影響が行ってしまいます。

 

つわりは1-2か月続くものなので、まだまだ先が長いです(涙)。

 

子供に対しては少なくともスキンシップはたくさん取るように意識していますが、つわりが終わったら公園とかショッピングモールとか連れて行ってあげたいです。

 

 

 

コメント