【ジャカルタ生活】日本からのお土産でとっても嬉しいものを教えます。

妊娠/出産

こんにちは。

ジャカルタ生活7ヶ月目です。

こちらに来てもう半年が過ぎ、生活自体には慣れました。私の場合、赤ちゃんがいるのと、もともと出不精なのとが相まって、毎日ほぼワンパターンの生活なので、慣れるのも早かったというのもありますが。

しかし、慣れたというのは「ものがないことに慣れた」ともいえます。

「ものがない」というのは「選択肢が限られている」ということでもあります。選択肢が少ないことに慣れた、仕方がないと受け入れた、ということです。

日本のものは日本食スーパーのパパイヤで購入できますが、店自体も大きくないですし、選択肢がとても少なく高額なのもあり、私は気軽に購入できません(普通の醤油が800円くらいする)。他のスーパーでもお野菜が新鮮とは思えなかったり、置き方が衛生的に「うーん」であったり気になる所はあります。でもそれしか買えるところがないので購入します。「あるだけマシ」という感じでしょうか。

日本の家族が送ってくれた荷物の中に日本の食材が入っているととてもテンションが上がります。「海苔!ふりかけ!欲しかったのよ!」といった具合に。

また、日本からの出張者から日本のお土産をもらったりする話をママさん達からたまに聞きます。日本のものというだけでかなり貴重なので嬉しいですが、もらってテンションが上がるものとそうでないものがあるのです。今回はもらって嬉しいものをまとめました。

和菓子のうまさが体に染み渡る

美味しいあんこがこちらにはありません。以前ジャカルタで売られていたおまんじゅうを食べたことがありましたがまずくてショックでした。

以前同じアパートのママさんから、お土産のおすそ分けとして有名どころの和菓子をいただいたことあるのですが、体に染み渡る美味しさでした。

貴重な和菓子をこんな風にじっくり味わって食べたことがないほどにゆっくり堪能して食べ、とても感動的な味だったのを覚えています。それくらい、美味しい和菓子は喜ばれます。

反対に、東京ばな奈のような洋菓子のお土産は正直嬉しくないですね。洋菓子はこちらで手に入りますから。

甘いものをお土産にするなら饅頭などの和菓子ですよー!ある程度名の知れた所のものが確実ですね。

調味料はセンス良く

日本の調味料はこちらではとても高いです。だしの素とか醤油とかもう全てにおいて三倍くらいします。しかも選択肢が少ないので選ぶ余地がありません。

日本でも普通に購入できるものでもいいのですが、地域限定の美味しい醤油や味噌、だし、みたいなものをもらえたらどこの家庭でも嬉しいと思います。

特に小さい子供がいる家庭ですと、調味料も含め口にするものは結構気を使っていますので、安心安全の日本のものは大変ありがたいです。

ご飯のお供

ふりかけ、海苔、梅干し、海苔の佃煮、塩昆布、とろろ昆布、鯖缶などの缶詰は嬉しいです。単身者でも家族帯同者でも。ご飯のお供は身に染みるうまさを感じます。

ご飯のお供は特に弁当作りに重宝します。美味しい梅干しとかもらえたら、その人の印象がググッと上がっちゃいますね。

お米は貴重

インドネシア人はお米が主食です。我が家の住み込みのメイドさんも田舎からお米を持ってきて家で炊いて食べています。インドネシアのお米が好きなんだとか(それ以外食べたことないと思う)。

でもやっぱり日本のお米は美味しいんですよね(当たり前!)。ジャカルタのスーパーでもお米は買えますが、やはり選択肢が少ないのです。日本からお米は輸入できません(残念ながら規制があるため)のでこちらで作っているジャポニカ米(なのかな?)の「輝」かがやきという名前のお米がどこの店にも置いてあり、大抵みなさんこちらを買われている印象ですね。他に選択肢がないので。

なのでこちらにいると日本産のお米を食べていないのです。ゆえに欲してます!

お土産としてお米を持ってくるのは大変ですが、本当に喜ばれます。1キロだとすぐになくなるのでせめて2キロかな(笑)。

子供向けにはお菓子が大歓迎

お子さんがいる家庭へのお土産を持っていくご予定がある場合、子どもの年齢にもよりますが、日本のお菓子は大歓迎です。せんべいからチョコレート菓子まで日本のものであれば何でもありがたいです。駄菓子セットなんかも喜ばれます。

また、赤ちゃんがいる家庭の場合は、ハイハインやボーロなどの赤ちゃん用のお菓子が良いです。ジャカルタにも赤ちゃん用のお菓子はありますが、チョコレートやイチゴ風味などが多く、自然の素材や風味を生かしたお菓子はあまりありません。

ちなみに、ブラックサンダーだけはジャカルタで安く買えますので気をつけてくださいね。

リクエストを聞く

「何か欲しいものありますか?」と前もって聞いてあげるのもとても良い気配りですよね。「気が効くやつだな〜」と好印象ですよ。

主人は出張者の方に「酒」をリクエストしていました。日本のお酒、飲みたくなるみたいですね(私は飲まないのでわからない)。おつまみになるような菓子や缶詰あたりもセットで渡したらなお嬉しいですね。

まとめ

日本からジャカルタへ出張予定の方、ぜひ日本の食べ物をお土産で持ってきてください。こちらはどんなにお金を積んでも質のいいものは手に入りません。本気で喜ばれます。その先にいる家族までもが喜びます。

ポイントは「和」のものです。洋のものは「まあまあ」なお土産です(有名店のものとかなら別かな)。ぜひご検討を〜!

コメント