ジャカルタで習い事をさせたいならロックスタージムがオススメです。

インドネシア

こんにちは。

 

我が家の娘、年長さんです。年長ともなると何かしら習い事をさせている方多いですよね。

 

でも我が家の場合、日本にいた頃は娘には何も習い事をさせていませんでした。通っていた保育園で体操の先生、ダンスの先生、器楽の先生が毎月来られて園児たちに指導をしてくれていたのもあり、それで充分と私が感じていたのも習い事をさせていなかった言い訳になります(笑)。

 

ジャカルタに来てからは、こちらにいるからこそ安く習い事ができるのでは?という期待もあり、主人がいろいろ調べてみたところ、ロックスタージムに出会いました。

 

現在我が家の娘はこちらに週3回通っているのですが、今回はそのロックスタージムのことを詳しく紹介します。これからジャカルタへ来られる方やすでに来ている方で習い事をどうしようか考えている方へ、参考になればと思います。

 

ロックスタージム(Rockstar-Gym)のホームページはこちら

 

1. ロックスターは一応通い放題

ロックスタージムは月額およそ10000円程で、ダンス、体操、バスケ、サッカー、バレエ、チアリーディング、ヨガ、水泳、テコンドーなど実に様々なものを習わせることができます。名前にジムとついているのもあり、習えるのはスポーツのみです。

 

しかし、好きなものを好きなだけ受講できるわけではなく、各カテゴリーにつき週2回まで受講可能です。例えば体操を週に3回はできません。2回までです。カテゴリー分けが私もイマイチわかっていませんが、私がわかっている範囲ですと、体操とバレエと水泳は週2回オッケーで、週1しかダメなものもありそうです。また、1日に最大3クラスまでしか受けられません。

 

週1もしくは週2で体操、ダンス、サッカー、水泳など多種目を月額1万円程で習わせることができるので、複数を習わせたいのであればかなりお得ですね。

 

2. 違う店舗でも単発で受講できます

ロックスタージムの利点は、いろいろなショッピングモールの中に入っているということです。ガンダリアシティ、コタカサブランカ、プラザインドネシアなどなど、全部でジャカルタ近郊で10ほどの店舗数があり、いつも通っているところ以外の違う店舗でも受講可能です。つまり、買い物ついでにいつもと違うロックスターに立ち寄ることも可能なのです。

 

 

3. インドネシア語か英語でレッスンが受けられる

もう1つの利点として、外国語に触れさせることができます。生徒がほぼインドネシア人で先生もインドネシア人なのでインドネシア語でレッスンが行われます。先生によっては英語を混ぜたり、インドネシア人ではない先生もいるので英語で受けることができます。親としては外国語でレッスンが受けられるとお得感がありますよね。

 

でも、これが子供にとっては生徒や先生が話していることを理解できないことで精神的な負担がかかることにもなります。周りが何を言っているのが分からないことで自信がなくなってしまって行きたくないと言い出すこともあります。

 

お子様の様子をよく見てケアしてあげましょう。

 

4. プライベートレッスンもできるが追加料金あり

スケジュールが合えば、プライベートレッスンも追加料金を支払えばできるようです。料金はどのスポーツにするかによって変わってきますが、10回で3万から4万円程かかりますので、安くはありませんね。一回につき3000円〜。レッスンは大抵1時間(実際は50分)です。

 

しかし、完全に初心者で、集中して基礎を身につけさせたい場合はプライベートレッスンを併用するのはアリかと思います。基礎が身につけば大人になっても体が覚えている(かもしれない)ので、小さいうちから特定の回数分だけでも個人レッスンを受けて、子供に投資してみるのも良いですね。

 

5. 固定のレギュラークラスを決定する

入会したら、固定で通うクラスを決めます。基本的に子供の年齢で各種目のクラス分けがされています。自分のお子さんがどのクラスに入れるのかを確認してから通う店のレッスンスケジュールをみて、何曜日に参加できるかをチェックします。自分の都合のいい日、時間帯にそのクラスがあればそれが一番望ましいですね。

 

スケジュールは店舗によって様々で、店舗によっては行なっていないものもあります(例えば水泳)。お子さんが興味のあるもの、お子さんに習わせたいものがちゃんとあるか、ウェブサイトで確認しておくと良いでしょう。こちらから各店舗の情報、スケジュールが確認できますよ。各店舗のページの右下に「download pdf」というボタンがあるのでそれをクリックすればその店舗の全体スケジュールが見られます。クラスを決めたら登録してもらえればオッケー。

 

入会後にクラスを変更したり、店舗自体変更するのは大丈夫ですよ。実際に我が子も入会した店舗と違う店舗に通っています。

 

どのクラスにしたいかわからなくても、興味のあるものを手当たり次第試すこともできますので安心です。ただ、スタッフからは早く固定クラスを決めるように促されます。なぜでしょうね(笑)。

 

 

6. 注意点

ロックスターに入会するにあたりいくつか注意をしておいたほうが良いことがあります。個人的な主観でいくつかあげますね。

 

6-1. インドネシア語か英語のみ

先ほどレッスンが外国語で行われるとお伝えしましたが、ジムの受付にいるスタッフも同様です。入会時の説明などのやりとりも英語かインドネシア語です。こちらが明らかにインドネシア人ではなくても結構遠慮なくインドネシア語でバァーと話されるので、理解できない場合は英語でお願いしたいと伝え、英語ができる人に担当を変えてもらいましょう。

 

入会時に説明をしてくれた人と、以降WhatsAppというアプリでやり取りすることになります。入会してから湧いてきた疑問点などをWhatsApp経由で質問できます。もちろん直接店舗のカウンターにいるスタッフに聞いても問題なしですよ。

 

6-2. 違約金にご用心

入会後6ヶ月以内に解約すると違約金Rp500,000が発生します。違約金のことを聞いたときは長い期間通うだろうと思っていたので何とも思いませんでしたが、子供が通いたくないとか、わざわざ渋滞の中毎回時間をかけて通うこと自体が負担と感じた場合に6ヶ月の縛りがあることは精神的な負担になるかもしれませんね。

 

ちなみに授業料は入会時にまとめて先の2ヶ月分払い、その後毎月支払うことになります(自動クレジット払い)。

 

6-3. 休みが続くとクラスの登録を削除される

レギュラークラスを体調不良などの理由で欠席することはあると思いますが、三回連続で欠席するとそのクラスから登録が削除されてしまうようなので注意が必要です。

 

なお、日本に長期間帰国するという場合は事前に届け出を出しておけば良いそうです。

 

6-4. 店舗によってできる種目、回数が違う

先ほども述べましたが、店舗の規模によって開催回数や種目の数に差があります。ジャカルタではコタカサブランカの店舗が1番規模が大きいようですね。こちらはバスケやサッカーのコートがとても広く、開催回数もとても多いです。屋上のプールもちゃんとしていました。でもいつでも混んでいて、親が座る席を探すのが一苦労です。

 

なお、ロックスターのルールに関してはホームページに記載されています。こちらからご確認いただけますよ。英語です。

まとめ

今回はロックスタージム(Rockstar Gym)にかんしてざっくりですが紹介させていただきました。

 

我が子はインドネシア語や英語ができないので、どのクラスでも居心地がとても悪かったようで、クラス開始して最初の5分で泣きながら教室から出てくるということを何度もしました。教室にいるスタッフや先生も優しく声をかけてくださったりしましたが、一度教室から出てきたら絶対に戻りたくないと泣きじゃくり、仕方なくそのまま帰宅することもありました。なので最初のうちは、トランポリンもあり、ゲーム要素もあったので楽しかった体操のクラスだけに通わせていました。

 

数ヶ月経った今でもまだ不安そうな顔をすることもありますし、泣きそうな顔もしますが、ちゃんと最後までレッスンを受けられますし、言葉が分からないなりに対処の仕方を自分で学んだようです。言葉がわからないのは精神的にきついだろうというのは見ていて痛いほどわかりますが、試練を乗り越えてもらって本来のレッスン自体に楽しさを見出してもらいたいと思っているので、ロックスターをやめることは選択肢にありませんでした。今では体操、ダンス、バレエを習い、週に3回通っています。本人も慣れてきたのもあり、通うことは前向きです。親としてはようやくお得感を感じています。

 

なお、日本人のお子さんもちらほら見ます。店舗によって日本人率が違うようですね。私が通っている店舗にも日本人のお子さんがいますが、インドネシア語や英語を理解しているお子さんが主なのですごいなぁと感心しています。うちの子もそうなるのかしら。

 

入会前にトライアルで何回か無料で試せるみたいなので、まずはそれで様子を見るのがいいかもしれませんね。教室は全てガラス張りなので、子供の様子はよく見られますよ。子供も親も互いの姿が見られるので安心ですね。

 

日本にもロックスターがあったら良いのになぁ。

コメント