子供は筋肉痛にならない?5歳の子供が足の痛みを訴えてきた。原因は?そして診断はどうなったか。

先日5歳の娘が、近所にお友達の三輪車を借りて爆走していました。娘の体には明らかに小さすぎる三輪車を、器用にすばやくこぎ(ひざがハンドルにバンバン当たっていましたが)、周りのお母さんにも上手にこいでるねと褒められさらに上機嫌でとても楽しそうにしている様子を見て、私も微笑ましいとずっと見守っておりました。

 

その日の夜のことです。お風呂に入ってベッドに入り少し経ったら、「足が痛い」と突然言い出した娘。今日たくさん三輪車こいだからだな、と察しがついたので「明日になったら治っているから大丈夫だよ」といってなだめているうちにすぐ眠りについてくれました。しかし夜中になって目覚め、再び「足が痛い」と言っては泣き出し、見ると寝返りさえ打ちづらそうにしていました。その後も何度か突然痛いと泣きながら言い出して起きるも眠気が勝りすぐ寝につくという一晩を過ごしました。

 

今まで自転車を爆走したり、たくさん動いても足が痛むなんてことはなかったのですが、さすがに今日の三輪車の漕ぎ具合からして原因はそれにあり、きっと筋肉痛かなと思い、私もとても眠かったので翌日様子を見ることにし就寝しました。

 

そして翌朝。なんと娘は朝足が痛くて動けなくなっていました。少しでも足を動かすと痛いらしく、起き上がれない、寝返れないという事態に。動くと痛くて大泣きし、完全介護が必要な状況でした。手を引っ張って起き上がらせるのは痛みが伴うのでできませんでしたから、抱きかかえるしかありません。トイレに行くにも、一人で歩けないので私が娘の両手をゆっくり引っ張りながらという状態。歩くリハビリを手伝っているイメージです。

 

最初は筋肉痛なだけかな、と思っていましたが、心配になる程娘は動けません。筋肉痛が初めてだから大げさに痛がっているのか?いや、そもそも子供って筋肉痛になるものなのか、ふと疑問に思いました。

 

1. 子供は筋肉痛にならないらしい

自分が子供の頃、どんなに激しく走ったり動いたりしても筋肉痛になった記憶がありません。子供で筋肉痛になる、ということ自体聞いたことがありませんでしたので、ネットで調べてみると、こんなことがわかりました。

 

幼児は腱や靭帯の伸縮性があるため、激しい運動をしても筋肉痛にならない

 

つまり娘のこの状況は筋肉痛ではなく、どこかを痛めているということになります。であればちゃんと病院に行って見てもらわないといけません。

 

2. 股関節を痛めていた

あまりの痛みに着替えさせることができずパジャマのまま、普段娘があまり行く機会のない整形外科へ朝イチで連れて行きました(車に乗るにも一苦労でした)。

 

レントゲンを撮り医師にみてもらい、診断は左足の「単純股関節炎」とのことでした。股関節に炎症が起こったのでしょう、と。通常は男の子がよくなります、とも言われました。

 

処方されたお薬はカロナール。解熱、鎮痛剤としてよく処方されるものと一緒ですが、今回は一回に飲む量が通常より多く処方されていました。つまり、痛み止めというだけで炎症自体は自然治癒を目指すということですね。

 

まとめ

その後2日くらいは、しゃがんだり、ものを拾ったりする行為には痛みが伴っているようでした。着替えは私が手伝い、数日間は念のため走ること、三輪車に乗ることを禁止しましたが、実際は数日で走れるくらいに回復しました。

 

ところが1週間経ってさすがに我慢できず、お友達の三輪車に少し乗ったらまた痛み出し、再び走ることと三輪車に乗ることを禁じられるということになりましたが、現在ゆっくり回復しています。まだ左足の付け根付近を軽く押すと痛むようですが、日常生活で支障は全くないのでホッとしています。

 

今回の事態は想像もしておらず、まさかの要介護状態になったことでとても驚きましたが、娘も私も、良い勉強になりました。私自身が現在妊娠後期でお腹が大きく長時間娘を抱っこできないので、そういう意味では娘は私に100%頼るのではなく、自分でできるように私が介助をするというスタンスでしたが、久しぶりに手のかかる娘にちょっと懐かしく、嬉しく思う自分もおりました。

 

 

コメント