子供の映画館デビュー!初めての映画館で「モアナと伝説の海」をみたら子供が思いがけない行動に。

子供を連れての映画館は勇気がいりますよね。「途中でぐずったらどうしよう」と心配で、ぐずったり泣いたりしたことをこと細やかに想像して、「・・・やっぱりもうちょっと大きくなってから連れて行こう」と映画館に行く機会を後回しにしているママも多いのでは?

 

確かに、そばに小さい子がいると集中して映画がみられない、と思ってしまう人はいますし、子供の機嫌を取るだけではなくて周りにも気を遣ってまでして映画館に行くなんてただ疲れるだけ。そこまでして映画館に行く必要はあるのかしら、と思いますよね。

 

今では、映画館もそういうママをターゲットに、「赤ちゃんと一緒に映画をみてくださいね」というメッセージを元に、子連れで映画が見られる日を設定しているところもあります。

 

例えばTOHOシネマズの「ママズクラブシアター」。赤ちゃんと一緒に入れる日を毎月1-2回設定しているそうです。見られるのは子供用の映画だけではなく、現在公開されている話題の作品もあります。照明なども普段よりは明るくしているそうなので、おむつ替えなどで席を立つときも足元が見やすくて安全ですし、何と言っても子供が多少騒いでもお互い様なので少し気が楽なのがいいですね。(「ママズクラブシアター」の詳細はこちら

 

 

我が家の場合、子供が赤ちゃんの頃はわたしが周りに気を遣ってまで映画を見たくないと思っていたので、ママズクラブシアターのような日が近くの映画館にあることは知っていましたが足を運ぶことはありませんでした。

 

そして現在わが子は4歳。
テレビCMで「モアナと伝説の海」を見て以来、とっても興味があるようで、本屋さんに行ってもモアナの本を開いて繰り返し読んでいる姿をみて、「時が来た」と思いました。映画館に行ってモアナ見る?と聞くととてもうれしそうに「うんっ」と返事をくれました。よし!じゃあ行ってみようか!

 

チケットをネットで購入し、いざ映画館に行きました。どんな反応をするのかとっても楽しみでした。・・・まさか途中で映画館をでることになるなんて思いもせず。

 

1. 初めての映画館。早めについてテンションを上げる

朝イチの回を予約したのですが、土曜日だったのでもしかしたら混んでるかも、と思い、すこし早めに到着しました。席もネットで予約しているので早めに行く必要がなかったのですが・・。わたしも子供を産んでから初めての映画館だったので、ちょっとドキドキ。

 

映画館って施設自体が独特の雰囲気でワクワクしますよね。開始まで時間があったので、何度もお手洗いに行くように促しつつ(笑)、モアナ以外の映画のポスターなどをみて時間をつぶしました。来たこともない場所で見たかったモアナが見られるということで、子供もとてもワクワクしている様子でした。

 

2. 席は通路側を確保

どの位置の席を予約するのがベストなんでしょう。調べなくても絶対に通路側を取ることがいいのはわかっていました。お手洗いに行くときにさっと行けますからね。飛行機の席を取るのと同じ感覚です。

 

今回私が取った席は、スクリーンを正面にした場合、左端の2人掛けの席です。ちょうど映画館に入ってくる通路の真上の位置にあたります。端っこすぎるかな、と思いましたが、2人掛けの方が気が楽ですし、実際映画をみても違和感はありませんでしたので、結果としては良い場所でしたね。

 

3. 想像していたのと違う!

照明が落ち、真っ暗になって大きな音でCMが流れ出しました。こういう環境が初めてのこどもは、真っ暗になった時はちょっと怖そうだったので、ぎゅっと体を引き寄せたり、手をつないだりしていましたが、すぐに集中して見入っていました。久々の映画館だった私もワクワクでした。

 

本編がスタートし、20分くらいたった時です。

 

「ママ、これいつまで見るの?」と子供が聞いてきました。

 

なんでこんなことを聞いてくるのかなと思いましたが、あー、いつもテレビ見ていても途中で「もうおしまいだよ、お風呂入ろうね」なんていって中断させてばかりだったから、映画館でも途中までしか見られないって思ったのかな?

 

「お話がおわるまで見るんだよ」と言ってあげると、「えー」ととても嫌そうに返事をしてくるんです。その時は不服そうでしたが、素直にまた映画を見だしました。

 

そしてまた10分後。

 

「ママ、もう帰りたい」

「え?まだお話し終わってないよ?」

「だってもう帰りたいのー(涙)」

 

なんと、涙をためているのです。なぜ??

 

私は1,800円、子供は1,000円払って見に来ているので(笑)、「もうちょっとだけ見ようよ」といって5分ほど見続けましたが、次は「もう帰りたいよー(泣)」と泣き出してしまったので、・・・退散しました。

 

正味35分の映画鑑賞でした。

 

4. 理由は何か考えてみた

 

なんでこんなに嫌がったのかなと考えましたが、察するに、大きな音で驚いてしまったのと、いつもうちで見ていたディズニー映画(例えばアナと雪の女王とかラプンツェル)のストーリー展開と今回見た「モアナと伝説の海」が全然想像と違ったのでしょうね。

 

確かに、「モアナと伝説の海」はハラハラドキドキする展開が多くあるので、わが子にとってはそれが居心地の悪いものだったのかもしれません。

 

ストーリーは全く知らずに見に来てしまいましたが、こんな反応をするなんて待ってく想像していなかったので、とっても驚きました。

 

5. リベンジの時

先日、初めてインドネシアのジャカルタに行ったのですが、なんとその飛行機の中で「モアナと伝説の海」が見られたのです。「ほら、モアナが見られるよ、よかったね!」と促しつつ、わたしも途中までしか見ていないので、続きを見ることができました。

 

子供も飛行機の中ではちゃんと最後まで見るどころか、2度も3度も繰り返し見ていました。やはり映画館の雰囲気と音の大きさが嫌だったのかな。

 

まさか飛行機で見られるとは思っていませんでしたが、結果オーライですかね。

 

 

まとめ

 

はりきって行った子供との初映画館は、途中下車のようで全く予期しない形に終わりましたが、思いがけず飛行機で全部見ることができました。

 

映画館という特別な空間で映画を見るという経験もできたので、初回としてはまあいっか、という感想です。

 

まだお子さんと映画デビューをしていない方は、我が子のように途中で帰るかもしれないことも可能性としてあることも視野に、ぜひ新しい経験をさせてあげてください。ママもいつもと違う空間は刺激になっていいですし。まずは映画館に慣れるためにもママズクラブシアターからデビューするというのも良い手ですよね。

コメント