カイコウカイクリニックに行ってみた(大人編)

インドネシア

こんにちは。

 

こちらにきてから順調に快適な毎日を送っていたのですが、とうとう体調を崩しました。ジャカルタに来てちょうど1ヶ月目の時です。つわりのようにずっと続く吐き気とひどい下痢です。

 

日本であればもう少し様子を見ようか、と思えることでもジャカルタですと「もっとひどくなったら大変」ということで、体調を崩したその日に病院に行くことにしました。行った病院はカイコウカイクリニックです。

 

カイコウカイクリニックとは

カイコウカイクリニックはジャカルタにある日系の病院です。特徴としては小児科があること、子供の予防接種が受けられること、でジャカルタにくる前からチェックしていた病院でした。

 

ジャカルタで有名な小児科の病院と言ったらSOSクリニック(のジョハン先生)のようですが、自宅からSOSクリニックまで近くないので別の病院として見つけたのがカイコウカイクリニックでした。小児科以外にも下記の通り、色々な科がありますので良いですね。

 

総合内科/呼吸器内科/循環器内科/泌尿器科/放射線科/歯科/セカンドオピニオン外来

 

こちらがホームページです。本日2018年9月の時点では基本的に日曜を除く朝8時から夜10時まで開いていますので、ありがたいです。

 

 

カイコウカイクリニックは綺麗で快適。日本語で問題なし。

元気な時は外国語でiPhone片手に会話をしたり楽しめますが、体調が悪い時は母国語でしか話す余裕がないものです。頭が働かないですからね。自宅にいるメイドさんに体調が悪いことを伝えるのに、なんと言ったらいいのかわからず、調べる気力もなく、しんどかったです。

 

カイコウカイクリニックは私が行った時は日本人のスタッフの方はいませんでしたが、インドネシア人のスタッフの方々がほぼ日本語オッケーです。

 

受付で日本語で案内され、診察室のある二階に進むと(エレベーターあります)しんどそうに座っている私を見て違うスタッフの方がすぐに横になれるベッドに案内してもらえました。気遣い抜群です!ここでも日本語で案内受けました。

 

ちなみにドクターはインドネシア人で日本語ができないのですが(きっと英語はオッケー)、看護婦の方が必ず同時通訳をしてくれるので、自分の症状をちゃんと日本語で伝えられるのが楽でよかったです。

 

 

検査がたくさんあります

私の場合は、ベッドに横になったらすぐに下記の検査をしました。これはどこの病院でも一緒なのかしら。

 

血圧

体温

血中酸素飽和度?(人差し指に機器をはめて測るもの)

血液検査

※検便も勧められましたが、こういう時に限って便をもようさず検査断念。でもやりたかった。。。

 

その後ドクターが来られて、症状の詳細や、食べたものなど色々質問してくださいました。触診もあり、内臓の動きが早いとのこと。また、ずっと手が痺れていたのですが、それは脱水症状のせいだったようです(吐くのが怖くてほぼ何も飲めなかったのが原因ですかね)。

 

結局、胃薬やビタミン剤、痛み止めなどの入った点滴を打つことになりました。点滴の準備をしている際も、入れる薬がなんの薬なのか(胃薬、ビタミン剤といった風に)一つ一つ説明をいただきました。

 

なお、今私が赤ちゃんに授乳をしているので、治療や投薬、処方箋の薬に関しては、母乳に影響のないものをお願いしました。今回の点滴や処方された薬はいづれも母乳に影響がないものです、と説明をいただき、安心しました。

 

出産時に点滴を打ったくらいしか点滴の経験がないのでなんだかドキドキ。点滴だと回復も早いとのことなのでワクワク。

 

それから約1時間半ほど、1人でベッドに横になりながら点滴を打っていました。その間病院からいただいた温かいお茶と一緒に下痢止めの錠剤(黒くて直径1センチくらいあるもの)を2錠飲みました。

 

実はこの点滴の時間は、私にとってジャカルタにきてから初めての一人っきりの時間となりました。それはそれでとても良い時間を過ごせた、そんな感覚があります。

 

 

まとめ

ジャカルタにくるにおいて、早かれ遅かれ体調を崩すことはあるだろうと思っていましたが、まさか子供たちを差し置いて私が一番手になるとは。誤算でした。体調を崩した原因はおそらく前日に買って食べたサンバル(チリソース)にあったようです。ソース自体が悪かったのか、そもそも慣れないソースで体が変に反応したのか、そこらへんはよくわかりませんが。まず、しばらくは辛いものは控えます。

 

カイコウカイクリニックは日本語も通じ、終始安心できましたが、処方箋の薬をもらうカウンターだけ、薬の説明がインドネシア語か英語のみでした。どっちの言語で説明しますか?と聞かれました。薬の飲み方に関しては、それぞれの薬の袋に日本語で書いてあります(食後1錠など)ので問題はないかと思います。

 

初めてのジャカルタでの病院は、カイコウカイクリニックで安心できました。混んでいないですし、開いている時間も長いので今後もお世話になると思います。

 

実はその数日後に赤ちゃんが嘔吐を繰り返したので再びカイコウカイクリニックに連れて行ったので、その様子は後日別の記事でお伝えします。

コメント