インドネシアで出産断念。日本で産むことになりました。

妊娠/出産

現在妊娠3か月目に入り、子供はどこで産むのかについて先日下記の記事をかきました。

周囲からの不安な声を乗り越えてインドネシアで出産したい。
第2子を妊娠して3か月目に入りました。出産は2月の予定です。 ここで考えなくてはいけないのは、「どこで産むか」です。我が家の場合は、日本なのか、インドネシアなのかということになります。 妊娠する前から、今年中に主...

 

主人のそばで出産をしたいので、インドネシアで産むつもりでいましたが、そこから一転、日本で出産することになってしまいました。

 

1. 会社がインドネシアでの出産に後ろ向き

わたしが先日インドネシアに帯同するための健康診断を受けに行きました。

《健康診断》インドネシア帯同前の健康診断の検査項目は何?大人と子供は違う?妊娠している場合は?
海外赴任を振る前に家族も含め、健康診断をする必要があります。たいていの場合、会社が指定する病院に行き、人間ドックを受けることとなります。 我が家も先日予防接種も含め、同日に人間ドックを受けに行ってきました。 ...

それまでは主人から会社の人事に私が妊娠していることは伝えておりませんでした(まだ妊娠初期なので伝えるタイミングとしては早いため)が、健康診断をうけたことでわたしが妊娠をしていることが会社に伝わりました。

 

健康診断を受けた当日に、ある程度検査結果が分かるとのことで、健康診断終了後に会社の産業医の方と話をしました。その時にインドネシアで出産をするつもりであることは私から伝えたのですが、インドネシアでの出産はリスクが高いという説明をいただき、インドネシアで産むことに対して産業医の方は前向きにとらえられていないという印象を受けました。

 

そしてその翌日には、主人はインドネシアの会社の人事から、インドネシアでの出産について今一度考え直してほしいということを言われたとのこと。

 

主人はその後社長や上司の方に話をして、現時点ではインドネシアで出産をしたいと考えているということを伝えてくれましたが、両者ともインドネシア出産に関して「YESは出せないが、それでもそうしたいならいいのでは」ということだったそうです。

 

 

2. 会社から再度反対される

それから数日後、主人はインドネシアの社長や上司の方に呼び出しを受け、改まってインドネシア出産に対して反対されたと連絡をくれました。

 

さすがにこうやって改めて反対されると、さすがにインドネシアで出産することはあきらめたほうがいいかもしれないとのこと。

 

インドネシアで出産することで万が一の事態になった場合、会社に迷惑をかけてしまうだろうし、再三反対されたのにそれを押し切るほどメリットはあるのか、など2-3時間主人とFacetimeで話し合い、下記のように決めました。

 

①出産は日本でする

②当初10月ごろにインドネシアに行く予定でいたが、出産してから行く

 

2-1. 出産は日本でする

現在通っている産婦人科にはインドネシアで出産するということを伝えていますが、そうではなくなってしまったので、ここで私が考えなくてはならないことは日本のどこの病院で産むかについてです。

 

今通っている病院か、里帰りをするか。

 

気持ちとしては里帰りたくないのですが、どうしても上の子の世話を考えると両親に頼るしかなさそうです。その場合実家のそばの病院の方が良いのかもしれませんね。

 

しかし里帰りとなると35週までには実家近くの病院に通院しなくてはならないので、産む前からずっと実家の世話になるということになります。上の子も幼稚園を休まなくてはいけなくなりますし。あまりメリットを感じません。

 

やはり、今の病院で出産をし、親に手伝いに来てもらう、というのが一番現実的かなと思います。

 

2-2. 当初予定していた時期にインドネシアに行かない

本来は10月ごろにインドネシアに行くとして、会社には書類など用意をしてもらっているのですが、産むのが日本であれば、10月にインドネシアに行っても、数か月で日本に戻らなくてはいけません。

 

短期間の飛行機での行き来は私の体に負担になるので、10月にインドネシアにいくということが現実味のないプランになってしまいました。

 

代わりに、出産して数か月してからインドネシアに引っ越すことにする予定でいます。

 

結局主人はわたしの妊娠の過程を見ることがないということになってしまいました。とっても残念です。

 

まとめ

もちろん日本で出産することはとても安心なので、この決断はよく理解できています。

 

とはいえ、まだインドネシアで出産したかったなという気持ちがあります。残念な気持ちであることは否定できません。

 

主人としても、妊婦のわたしと上の子の助けをこれからずっと物理的にできない、というのがとてももどかしく思っていることでしょう。facetime越しの主人の暗い表情を見て、私も一緒に暗くなっている場合じゃないな、と思いました。なんとか出産時には帰国ができるように手配してもらえることを切に願うばかりです。

コメント